おすすめ商品
売れ筋商品

HAROLD MABERN TRIO / KISS OF FIRE

国 / 年 JAPAN / 2002
販売価格

0円(税込)

在庫数 SOLD OUT

Format:LP
Label:VENUS
Cover:NM
Record:NM

FABULOUS!!"RECADO BOSSA NOVA"!!

USピアニスト、HAROLD MABERN率いるトリオの2001年、東京録音作品。
リリースは良質のジャズ作品をリリースし続ける日本の最有力ジャズ・レーベル「VENUS RECORDS」

本作は2001年にテナー奏者、ERIC ALEXANDERカルテットの一員として来日した彼をとらえて録音されたもので、本作ではスペシャルゲストとしてERIC ALEXANDERのテナーをフィーチャーした曲も2曲収録しています。

ライナー・ノーツで寺島氏がHAROLD MABERNの本来もつ「ノリ」が最も色濃く出た傑作と称している通り、うねる様なダイナミズムあふれる演奏が圧巻!!

注目は何といっても、トリオがダイナミックに躍動する "RECADO BOSSA NOVA"!!
MABERN自身も参加した、1965年のHANK MOBLEYのBLUE NOTE名作「DIPPIN'」での同曲の雰囲気を彷彿とさせる、情熱的でエモーショナルに迫るピアノタッチが聴く者の心をとらえて離さない、数多くある演奏の中でも屈指の名演!!

他にも、日本人好みのボサノヴァ・ナンバーを取り上げていて、こちらも負けずに情熱的に迫るKENNY DORHAM作の "BLUE BOSSA"、A.C. JOBIMの名曲 "HOW INSENSITIVE" では、ERIC ALEXANDERをフィーチャーし力強い4ビートで駆け抜けるカバーを披露!!
メンバー全員の全力のプレイがひしひしと伝わってくる渾身の演奏が素晴らしい作品。

HAROLD MABERN (piano)
NAT REEVES (bass)
JOE FARNSWORTH (drums)
ERIC ALEXANDER (tenor)

180g重量盤 帯、ライナー付

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら